広範なビジネス環境の変化をいち早く察知するためのクローラ活用

ネットの情報が業績を左右する時代

ネットでの情報発信、情報収集が当たり前となった現在、これまでは手に入れることが難しかった情報も、リアルタイムに入手し事業に活かせるようになりました。Web上の情報をモニタリングすることで、事業戦略立案、事業運営の効率化、障害予防、危機管理などの観点で、大きなメリットが得られます。

その反面、業務に必要な情報を得るためにあまりにも多くの時間が費やされてしまっているのではないでしょうか。

現在では、自社や自社製品に対する消費者の評判は、あっという間に業績に跳ね返ってしまう時代となり、企業は多くのWEBサイトやSNSを常に観察し、特にネガティブな情報には素早く対応する必要を迫られています。

さらに、消費者が発信する情報だけでなく、いつ配信されるかわからない競合企業のプレスリリースや新サービス開始の情報、議会や行政が発信する情報などをはじめ、事業に大きなインパクトを与えるWeb情報は年々増えており、モニタリングすべき範囲は広がる一方です。

しかし、担当者が毎日様々なWEBサイトを巡回、閲覧し、多くの時間をつかって情報を集めたとしても、人間の作業には限界があり、変化の察知が遅れたり漏れたりということはどうしても起こってしまいます。また、本来業務の合間で行うこれらの調査は、担当者にとって大きな負担となっています。

そのため、近年ではWebスクレイピング技術やWebスクレイピングサービスの認知拡大も後押しし、システムでWeb情報をモニタリングしようとする企業も多くなりました。しかしながら、一般的なWEBスクレイピング技術は、eコマースの価格調査に代表されるように、ページ内の情報を細かく分類して取得するものが多く、対象Webサイト毎に細かな設定が必要です。

取得先が多くなると、初期の調整工数や費用がかさみ導入費用も大きくなってしまうのが一般的でした。これを受けて、弊社では、企業のプレスリリースや行政の記者発表や議会の議事録など、取得先は多いけれど、変化がいつ起こるかわからずその頻度も比較的少ない情報のモニタリングをサポートするKW WEBモニターを提供しています。

KW WEBモニターは、大量のサイトを正確かつリアルタイムにモニターし、情報の変化をお知らせすることで、担当者が人手ではできないようなWeb情報のモニタリングを可能にします。

KW WEBモニターの詳細

KW WEBモニターの機能と特徴

WEBモニターは「多数のWebサイトの低頻度な変化」を取得するために提供するクローラです。定期的にウォッチしたいWebサイトのURL一覧を登録しておけば、その対象サイトを定期的に巡回し、前回のクロールから変化があった場合にお知らせをします。

変化シグナルはメールで通知され、利用者はメール内のリンクをクリックするだけで、ページのハードコピーを比較して変化を見ることができます。

差分を検出

差分を検出

WEBモニターの大きな特徴は、従来のクローラと比べて初期設定が簡単だということです。 ウォッチしたい WebサイトのURLリストを登録するだけでクローリングを開始するので、短期間でWebサイトのモニターを始められます。大量のリストを登録すれば、人手では諦めていた広範囲なモニタリングも可能です。

活用事例

今まで人手で行なっていたモニタリング作業は、KW WEBモニターが得意とする「多数のWebサイトの低頻度な変化」を対象とする場合がほとんどです。そのような、KW WEBモニターが有効な事例をいくつか紹介します。

1.顧客企業・競合企業のプレスリリースのモニター

営業担当やマーケティング担当は常に顧客企業や競合企業の最新の情報を把握しておく必要があります。一般的には、WEBや紙で業界紙などをチェックし、競合の動きをチェックしている方が多いのではないでしょうか。

また競合他社のWebページを日々観察して新情報を仕入れている方も多いでしょう。このような業務の多くはKW WEBモニターで競合企業のプレスリリースページを指定することで自動化可能です。今では、新聞掲載と同時に企業がプレスリリースをWeb公開するので、対象企業のリリースページを観察することで、より正確で早く情報をキャッチアップすることができる上、業界紙やWebのニュースに掲載されなかったリリースなども捉えることも可能です。これにより、営業担当、マーケティング担当は最新の競合企業情報で素早く次の一手を打つことができます。

KW WEBモニターの詳細

2.地方自治体の情報モニター

行政は多くの情報をWebで提供しています。自社関係省庁の情報モニターなら一つか二つのページを見るだけで済みますが、自治体となると話は一変します。日本の自治体は1700以上存在し、入札広告、議会議事録、広報、各種サービスなど自社に関連する地方自治体の情報を全てカバーすることは現実的ではありません。

KW WEBモニターなら、観察したいページを毎日モニターし変化シグナルをタイムリーにあなたにお届けします。これにより入札公告を見逃し、受注できたはずの案件を落としてしまったというようなチャンスロスを回避できます。

3.サービス料金の変化をとらえる

電力、ガス、通信などの料金の変更は、製造業や大企業では運営コストに大きなインパクトを産みます。これらの料金は、コンシューマー製品の販売料金ほどには頻繁な価格変動はありませんが、プレイヤーが増えるとともに価格競争も激しくなってきました。

最近では、電気価格比較サイトなど様々な価格比較情報を提供する企業も増えています。このような比較サイト運営においてもまた、KW WEBモニターが役に立ちます。WEBモニターで各事業者のサイトの価格ページを定期的にウォッチし、価格の変化が起こったタイミングで通知を受取り、比較サイトをアップデートすれば、人手に頼ったモニター作業と比べて迅速で正確なオペレーションが行えます。

WEBモニターで各事業者のサイトの価格ページを定期的にウォッチ KW WEBモニターの詳細

4.不動産情報のキャッチアップ

デベロッパーの新築マンション、ポータルサイトに掲載されない不動産屋の個別管理物件など不動産業においても、とらえたい情報は多々存在します。自社の顧客に良い物件を紹介し商談を進めやすくするため、個々の不動産屋のWebサイトに掲載される優良物件を逃さずキャッチしたいというニーズは多く寄せられます。優良になればなるほど、REINSや不動産Webポータルへの掲載がなく、情報を得ることが難しいのが現実です。

しかしながら、従来のクローラを用いて、多数の個別の不動産屋のページを細かくクローリングするは、初期設定に時間と費用がかかるため、現実的ではありません。このような用途にもKW WEBモニターをご活用いただけます。個別の不動産屋のページでは、毎日多くのページが更新されるわけではないので、その変化が起こったことさえとらえることができれば、後は人手で優良情報を収集することは可能です。このようなケースにはKW WEBモニターが力を発揮します。

まとめ

ここまで見てくると、KW WEBモニターが得意とする「多数のWebサイトの低頻度な変化」の取得がどういったケースで役に立つのかご理解いただけたのではないでしょうか。上に紹介したのはKW WEBモニターが活用できる様々なシーンのごく一部にすぎないと弊社では考えています。「自社ではどんな活用が考えられるだろうか」と、ご興味をお持ち頂けましたら是非一度弊社の営業スタッフにご相談下さい。

お問い合わせフォーム

Copyright © Keywalker, Inc. All Rights Reserved.

送信中…
しばらくお待ち下さい