伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様向けワークショップ

お客様データリテラシー向上を目的とした「データの可視化・分析の大切さに気づく」 Tableauワークショップ

トライアル受講レポート:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様の営業は、自社のお客様データリテラシー向上を目的として弊社が行っているTableauワークショップ「データの可視化・分析(ビジュアル・アナリティクス)の大切さ」に注目され、トライアル受講をされました。
下記にワークショップの状況と内容をレポートいたします。

開催目的

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様の営業では、データ利活用・ビジネスの活性化を目的として、お客様のデータリテラシーを向上する施策を検討されています。
そこで、弊社のTableauワークショップに注目いただいた背景から、「BIツールとは何か、データの可視化・データ利活用の大切さ」をテーマに営業職員のスキルアップとして開催しました。

講師の紹介

今回、講師は弊社データソリューション営業部・データサイエンティストの板東が務めました。

【プロフィール】

株式会社キーウォーカー
データソリューション営業部
データサイエンティスト
板東 勇樹

筑波大学大学院システム情報工学研究科卒業後、データサイエンティストとして新卒でキーウォーカーに入社。
統計学や機械学習の知識を武器に自身も社内でTableauダッシュボードを作成する傍らTableau・Webクローラー・データ分析などの導入活用支援を行う。


ワークショップのアジェンダ

当日のワークショップのアジェンダは以下の通りです。
座学中心ではなく、エクササイズや実際のTableauの画面を操作しながらデータの考察を行い、チームごとにその考察を発表するグループワークを含めた内容となっております。

アジェンダ
ビジュアル・アナリティクスとは?
何故、可視化を行わなければいけないのか?
エクササイズ:ビジュアル・アナリティクスの効果を感じよう
グループワーク①:Tableauを使ってデータから考察
グループワーク②:①で考察した内容を深堀
データカルチャーとは?
グループワーク③:BIツールを自社に導入したことを想定すると…?

■ 実際に当日使用した資料の一部を抜粋してご紹介いたします。

データドリブンな組織はパフォーマンスが高いことを数値で示しています。



ワークショップで使用した資料の一例

ワークショップの開催風景

当日はグループワーク含め皆様真剣に取り組んでいらっしゃいました。
おかげさまで大盛況のワークショップとなりました。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

ワークショップの満足度は脅威の96.9%!

ワークショップ終了後にアンケートを実施致しましたが、満足度は96.9%と非常に高い評価を頂きました。引き続き満足度の高いワークショップを提供できるように努めてまいります。

まとめ

2時間30分という長丁場のワークショップでしたが、アンケートの満足度は非常に高く、時間についての設問では「ちょうどよかった」と回答された方が殆どでした。
「この内容なら是非お客様に薦めたい」というコメントも多く寄せられ、実際に伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様のお客様で既に複数社から同様のワークショップ実施の検討が進んでおります。
多くの参加者の方に有意義な時間を過ごせたと感じていただけたことを、大変嬉しく感じております。今後も皆様に満足度の高いワークショップを提供できるように日々精進してまいります。
最後にTableauソリューションに関するお問い合わせ、また今回のようなTableauワークショップに関するお問い合わせは下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせ項目を選択してください