株式会社アワーズ様向け 『データの可視化・分析の大切さ』に気づく
Tableauワークショップレポート

『データの可視化・分析の大切さ』に気づく Tableauワークショップレポート

トライアル受講レポート:株式会社アワーズ様


「こころにスマイル 未来創造パーク」をテーマに掲げたテーマパーク「アドベンチャーワールド」を運営している株式会社アワーズ様向けに「データの可視化・分析(ビジュアル・アナリティクス)の大切さ」を主題としたTableauワークショップを行いました。

ワークショップ参加動機

株式会社アワーズ様では運営している「アドベンチャーワールド」の来園者情報やWebからのチケット予約情報、パーク内の飲食店の利用状況など様々なデータを蓄積しており、その蓄積されたデータを利活用する目的で、今回Tableauワークショップにご参加頂きました。

講師の紹介

今回、講師は弊社データソリューション営業部・データサイエンティストの板東が務めました。
新卒でキーウォーカーに入社後、データサイエンティストとして、統計学や機械学習の知識を武器にデータ分析やTableauなどの導入活用支援を行っております。

【プロフィール】

株式会社キーウォーカー
データソリューション営業部
データサイエンティスト
板東 勇樹

筑波大学大学院システム情報工学研究科卒業後、データサイエンティストとして新卒でキーウォーカーに入社。

統計学や機械学習の知識を武器に自身も社内でTableauダッシュボードを作成する傍らTableau・Webクローラー・データ分析などの導入活用支援を行う。

ワークショップのアジェンダ

当日のワークショップのアジェンダは以下の通りです。
ワークショップ全体で3時間の内容となっており、序盤の座学とエクササイズまでをTableau社が講義を行い、グループワーク以降は弊社板東が中心となり実際のTableauの画面を使ってデータ考察などを行いました。グループワークには十分な時間を割いていましたが、それでも足りなくなるほど活発なディスカッションが行われておりました。

アジェンダ
ビジュアル・アナリティクスとは?
何故、可視化を行わなければいけないのか?
エクササイズ
グループワーク①:Tableauを使ってデータから考察
グループワーク②:①で考察した内容を深堀
データカルチャーとは?
グループワーク③:BIツールを自社に導入したことを想定すると…?

■ 実際に当日使用した資料の一部を抜粋してご紹介いたします。

 可視化のサンプルとして、GoogleMapを例にあげて説明します


 人間が効率よく情報を処理するためにはビジュアル・アナリティクスが重要だということを数字で示しています

ワークショップの開催風景

当日の状況を紹介いたします。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

「データの組み合わせが簡易にでき、可能性が広がると感じました」
「将来的には入園者予測に活かしていきたいです」など
データ活用による可能性を実感して頂きました!

ワークショップ終了後にアンケートを実施致しましたが、嬉しいお言葉をたくさん頂きました! 「理解しやすい内容でした」や「大変参考になりました」などのお声も多く嬉しかったのですが「データの組み合わせが簡易にでき、可能性が広がると感じました」や「チケット購入者データを可視化し、将来的には入園者予測に活かしていきたいです」など、データの可視化・活用から将来的な可能性まで見出して頂けたことを大変うれしく思いました。

まとめ

「日々の蓄積されているデータを有効活用したい」という目的で、今回ワークショップにご参加いただきましたが、ワークショップ終了時に取りましたアンケートでは「属性データを可視化したい」や「入園者予測を行いたい」などデータを有効活用できるヒントを得る機会になったと感じていただけて非常によかったと思っております。
今後も皆様に満足度の高いワークショップを提供できるよう取り組んで参ります。
最後にTableauソリューションに関するお問い合わせ、また今回のようなTableauワークショップに関するお問い合わせは下記問い合わせフォームよりお問合せください。


お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせ項目を選択してください