不動産テック最前線 物件データの”収集・蓄積”で高付加価値を提供する

不動産業界の新たな潮流

不動産業界では、ネットを活用した先端ビジネスを行う事業者と、大半のトラディショナルなビジネススタイルを続ける事業者に二極分化された業界として見られがちです。 新聞折込チラシ + 窓広告にFax + 電話ももちろん重要で無くなりはしませんが、既に、Webメディアにメール + SNSなどを使ったサービスへ徐々に移行されていると思います。

そんな不動産業界にも新たなIT革命の波が、急速に押し寄せています。近年の第三次AIブームIoTなどのキーワードに紐付けられる技術を活用した沢山の新しいサービスが、スタートしています。

この分野は、Real Estate Techと呼ばれる新しいキーワードで語られています。業務効率を大幅に改善する、新たな顧客チャネルを開拓する、付加価値の高い情報を提供するなど、ビジネスへのインパクトが大きいサービスを提供できます。

Real Estate Techでは、大量のデータを瞬時に解析し、その結果に基づいた機能を提供するサービスがほとんどです。現在、ネット上には豊富な不動産物件データが存在します。しかしながら、過去実績を元に売買価格の査定を行おうとしても、過去の情報は入手することはできません。

今からでも遅くありません。新しいサービスへの業務シフトを考える時、まず必要なデータを収集蓄積し、新しいビジネスを生み出すチャンスをつかみましょう。以下では、これらのサービス及びデータ収集について説明しています。

続きを読むには、フォームの送信が必要です。

不動産テックワークブックを無料ダウンロード
約15ページに及ぶ「不動産テック最前線ワークブック」を無料配布中。
物件データ収集・蓄積でもたらされる次世代の不動産事業を解説します。
不動産テックワークブック

以下のフォームを送信後、ご登録のメールアドレスに不動産テックワークブックのダウンロードリンクをお送りいたします。

お問い合わせフォーム

Copyright © Keywalker, Inc. All Rights Reserved.

送信中…
しばらくお待ち下さい