ダイナミックプライシング

データドリブンな動的価格設定で利益を最大化

お問い合わせ

データに基づいたダイナミックな
価格設定で利益を最大化

ネットショッピングやネット予約の普及を背景に、事業者が製品やサービスの販売価格設定に活用できる情報は増えています。この情報を活用し、動的に価格を変更していくことで、企業は同じサービス・商品から得られる利益を最大化することが可能です。

キーウォーカーの技術を用いれば、自社だけでなく競合の価格情報や在庫・残席情報をタイムリーに把握し、その時々に応じた最適な価格設定が可能になります。

ダイナミックプライシングの考え方

ダイナミックプライシングとは、サービスや製品の需給状況に合わせて価格をタイムリーに変動させる仕組みです。需要過多の状況では価格を上昇させることで収益を増やし、供給過多の状況では価格を低下させることで販売機会損失を防ぎます。マーケットの状況をよく観察し、タイミングによって細やかに価格をコントロールすることで、収益の拡大が見込めます。

ダイナミックプライシングの仕組み|一定価格での販売
ダイナミックプライシングの仕組み|変動価格での販売
定価販売の売上価格
ホテルのレベニューマネジメント
全室定価販売する場合より増収が見込める
ホテルの室料の推移
ダイナミックプライシングのお問い合わせ

各業界におけるダイナミックプライシング

ダイナミックプライシングは、ある期間をすぎると商品在庫が消滅する事業モデルにマッチします
また、消費者が販売価格の変動を受け入れられるかどうかも導入のポイントになります。

ダイナミックプライシングにおける
在庫・残席把握の重要性

ダイナミックプライシングで利益を最大化するためには、航空運賃やホテル客室のように、同路線、同地域での販売価格や在庫数などを常にモニターし、自社の高価格帯サービスの販売機会損失を防ぐことが重要です。

例えば、1,000室あるホテルチェーンで平均一日一室1,000円の収益改善できると…

ホテルチェーンで平均一日一室の賃料推移

現在では、顧客運送、宿泊、映画などインターネットで予約が行えるサービスが増えており、その売価や残席数などを、WEBスクレイピングを活用して需要を予測し、価格を管理することが可能です。

ダイナミックプライシングのお問い合わせ

ダイナミックプライシングのソリューション概要

キーウォーカー独自開発のクローラー技術を用いれば、インターネット上から競合他社の製品価格や在庫数・残席数などの情報を自動で収集可能です。その情報を人工知能で分析することで利益を最大化するための販売価格を提案します。

Keywalkerのサービスフロー概要

価格設定のために収集する情報はカスタマイズできるので、航空業界・鉄道業界などの顧客輸送業、ホテル業界などの宿泊サービス業、レストランなどの飲食業、映画やコンサートなどの興行サービス業など幅広い業種・業態での活用が可能です。

ダイナミックプライシングソリューション機能・特徴

情報収集 キーウォーカー独自のクローリング技術を用いて、競合の価格や在庫数・残席数などの情報をWeb上から収集します。
情報の整理・分析 収集した情報を商品や商圏といった単位で分類・整理し、需要予測及び、自社の価格設定に活用できるようにします。
可視化・レポート 迅速な意思決定ができるよう、収集・分析された情報をグラフやテーブルなどの形式で可視化します。
価格のリコメンド 収集した情報を人工知能で分析することで利益を最大化するための販売価格をリアルタイムに提案します。

お問い合わせフォーム

Copyright © Keywalker, Inc. All Rights Reserved.

送信中…
しばらくお待ち下さい