価格調査を自社内で行う

WEBクローラ導入事例3

eコマース運営者、物販の担当者にとって他店での価格調査は欠かせないものであるかと思います。しかし、価格調査の対象が多く、希望する競合の価格調査が十分に出来ずにいる、社内での価格調査に稼働を取られているといる担当者も多いことでしょう。

弊社では長年培ったクロールシステム開発を通して、安価で使いやすいASPサービスである「WEBクローラ」を提供しています。

作業風景の画像

WEBクローラをご活用頂くことで、一括での競合の価格調査実施頂くことが可能です。WEBクローラにより、マーケットの変化を素早くとらえ、迅速な対策を行うことが出来るようになります。

価格調査スクレイピングサイト例

楽天、Yahooショッピング、Amazon、etc

弊社では、お客様のビジネスをより有利に進めて頂くために、競合の状況や、ビジネスに応じて、調査項目、調査頻度共に細かくご対応頂くことが可能です。価格調査にWEBクローラの活用をお考えの方は、是非参考になさってください。

価格調査にWEBクローラを利用

価格調査の事例では、プライベートブランドである自社製品の物販を行っているECサイトをお持ちの量販店様にご相談頂きました。

同社では、市場の情報を把握し需要の変化をいち早くとらえる為に、自社製品のオンライン価格を常にモニター調査し、市場における自社製品の需要の変化を捉えたいとのご要望をお持ちでした。

eコマースは今やメーカーにとって、主要のマーケットへと成長しております。

特にeコマース市場では、価格は消費者への大きなインパクトとなり、購買行動への影響力は大きいとされています。

事業戦略を練るためには、市場価格のモニター調査を行うことは欠かせません。多彩なeコマースのサービスをくまなくチェックし、収集した情報をもとに価格調査・分析を行うことで、的確なマーケット戦力が可能となります。価格調査を行い消費者のニーズを的確にとらえることは、サイトに売上の向上にも直結します。

しかし、価格調査には、多くの人手と時間がかかります。特に同社では、購買の多い夜間帯のタイムセールに合わせた調査を希望されており、社員によるモニター調査に限界を感じられていらっしゃいました。今回、WEBクローラをご導入いただいたことで、これらの課題を解決することが可能となりました。運用側の負担が少なく、導入がスムーズに行えることは、eコマースサイトを運営している方にとって、大きなメリットであると言えます。

時間やコストがあまり掛からない弊社のWEBクローラを多くの企業様にてご導入・ご検討いただいております。

WEBクローラの特徴

  1. 必要最小限のクロールで効率よく情報の収集を行えます。
  2. 必要に応じて柔軟にシステム規模の拡張が可能です。
  3. 競合サイトの価格に追随する、価格マネージメントサービス
  4. 出力のカスタマイズが可能。
  5. 価格モニタリングのビジュアル化

これまでWEBクローラはWEBサイト内の文章検索などに多用されてきました。弊社ではその技術を応用して、独自のWEBクローラを開発しました。

  1. 弊社のWEBクローラは、小さなリソースで大量のデータ収集が可能なだけではなく、必要に応じて柔軟にシステム規模の拡張が可能です。
  2. 自社製品の価格動向調査だけではなく、競合他社製品の価格調査も可能です。
  3. 商品名と画像だけではなく、商品の詳細情報や価格も扱いやすいフォーマットで取得することができます。
  4. ファイル形式カスタマイズをすることが可能ですので、ご要望に応じて出力することが出来ます。
  5. 収集情報をCSVデータで管理画面からダウンロードすることが出来、お客様のご要望にあわせて収集データを加工するだけではなく、システムの連携やデータフォーマットの提供を行うことができます。
  6. 収集データを活用した「見える化」サービスでは、グラフなどを活用することにより、収集情報の分析を容易にし、マーケティング戦略に使いやすい資料を提供します。

量販店様で実施した価格調査

この度、量販店様に提供したWEBクローラを利用した価格調査の特徴は下記となります。

  1. 多くの拡張機能を活用し、顧客ニーズに応じたテータフォーマットを提供します。
  2. 必要最小限のクロールで、無駄なリンクを収集せず効率よく情報収集を行えます。

こちらの量販店様の WEBクローラにて取集した各eコマースの情報を用いて、製品型番などの名寄せを実施するだけではなく、製品軸で販売店毎の価格を時系列で一覧にまとめていくことが可能です。収集したデーターは見やすく分かりやすいデータフォーマットでのご提供を行いました。

店舗ごとの価格推移グラフ
  1. 型番などはサイトによって記載法が異なることもありますが、これにより同一製品を識別することができるので比較が容易になります。
  2. Amazonのリスト表示では、販売店の名前が表示されずに消費者はロゴマークでしか店舗名を認識することが出来ません。
  3. WEBクローラのデータ変換機能は画像名を店舗名に変換して提供を行っています。
  4. WEBクローラの管理画面では、クロール速度やページのボリュームだけではなく、階層の指定も可能です。
  5. 詳細を設定することで無駄なクロールを減らし、価格調査を迅速に行うことが出来ます。

価格調査への評価

今回、WEBクローラを使用した価格調査をご採用いただき感想や、良かった点をお伺いしました。

コストカットの実現に成功

ご紹介した量販店様では、これまで社員による、人的なリソースを割いて自社製品の価格調査を行ってきたそうです。

WEBクローラをご採用いただいたことで、24時間体制で安価に大量の情報のデータを収集をすることが可能となったそうです。

夜間のタイムセールの価格調査を行えるようになっただけでなく、価格調査に充てていた時間を他の業務に充てることが可能となり、結果として大幅な人件費のコストカットを実現することが出来たとのお声を頂きました。

信頼できるマーケティング資料の作成

  1. WEBクローラでは必要な情報を取捨選択できるので、自社商品の価格モニタリングや競合価格調査も迅速に行うことが可能です。
  2. 必要な時に必要な情報を適正なボリュームで取得することが出来るだけではなく、顧客のニーズの変化やトレンドを見える化できます。
  3. WEBクローラは、スピーディー且つ人手ではモニタすることが難しい豊富な情報収集することが可能です。
  4. 資料の作成にかかる時間を大幅に短縮するだけでなく、膨大な情報を元に正確なマーケティング資料を作成することができます。

特にマーケティング担当者様の負担を軽減することが出来たとのご評価を頂きました。

勝機を逃さないために。

量販店様では、収集したデータをもとにセールや価格の見直しを行い、市場の変化にいち早く対応することで前年比112%の売り上げをあげることが出来ました。

WEBクローラで収集したニーズを分析し、商品の売れ行きを正確に予測できたことと、価格競争力をあげることが出来たのが成功のポイントです。

お問い合わせ

弊社では、ご紹介した量販店様をはじめとし、多くのお客様にKey walker WEBクローラをご利用いただいております。
自社製品の価格動向調査にWEBクローラの導入をお考えの方は、弊社担当者「山本/岡田」までお気軽にお問い合わせください。

WEBクローラの詳細はこちら
お問い合わせ先
株式会社キーウォーカー
電話 03-3560-6201
担当:山本/岡田
e-mail:sales@keywalker.co.jp

WEBクローラ事例記事

  1. SEO関連企業を調査|WEBクローラ導入事例1
  2. 物件情報の調査を自社で行う|WEBクローラ導入事例2
  3. 価格調査を自社内で行う|WEBクローラ導入事例3
  4. WEBクローラのQ&A

お問い合わせフォーム

Copyright © Keywalker, Inc. All Rights Reserved.

送信中…
しばらくお待ち下さい