クローラをつかったサイト間のデータ結合

サイトのシステム改変無しで実現可能

ECサイトにおいて、価格や商品の特長、流行やユーザーの傾向分析など様々な情報分析は日々欠かせないものです。こうした調査や分析において、比較検証対象のWEBサイトは非常に多くあります。

情報収集を人手に頼っていると、特定のサイトのみでの収集になってしまったり、十分な情報が集められていないというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そうした情報調査において、今後欠かせないものと期待されているのがWEBクローラ。人の手では行えないような日々の膨大なデータ収集や分析、情報の一括取得が可能になれば、ECサイトの運営を今よりも格段に楽に行うことが可能になります。WEBクローラによる、様々なメリットをご紹介したいと思います。

仕入れ情報の自動登録

他社よりも早く新しい商品を入荷して安い価格で販売したい!そう考えているECサイト運営者の方は多いと思います。しかし、商品情報を入手できたとしても、ECサイトにその情報を登録することが遅れてしまえば、せっかく他社より早く情報を仕入れたとしても意味がありません。

もちろん、人の手によって行われていれば、限界がありますので、商品の仕入れからECサイト上への反映までのを迅速に行うためにも、WEBクローラは欠かせないツールと言えます。

世界中に数多くあるECサイトからの情報収集を人力で行うのはまず不可能です。しかし、WEBクローラを導入すれば、言語やサイトのデザインなどに関係なく、世界中から複雑なデータ抽出処理を短時間で行える上、世界中のECサイトから取得した商品の情報を、自動でサイトに登録することができます。

商品の販売価格情報を収集するだけではなく、商品の基本情報や色、サイズや在庫など様々な情報を短時間で収集できるので、他社に負けない商品ラインナップの展開はもちろんのこと、他社では扱っていない商品、たとえば、日本国内ではほとんど扱っていないようなブランドの商品についても情報を収集することができ、どこよりも早く商品を展開するということも可能になります。

これによって、価格競争だけでなく、商品数やバリエーションといった、ユーザーが求めるニーズに応えられるECサイトに大きく貢献することができます。

コマースポータルやコミュニティとコマースの結合

WEBクローラが収集してくれる情報は、何もECサイトだけには限りません。情報を収集する範囲もカスタマイズできるので、商品の使用に関する口コミサイトや、情報が常に更新されるSNSなど幅広く関連情報を収集することができます。

人気商品がTV番組やCM で紹介され、その口コミがネットに掲載されているという場合なども、その情報を自動で収集できるので、自社のECサイトの商品紹介に役立てることができます。

WEBクローラの場合、単純に情報収集が早くて量が多いというだけではありません。世界中のコミュニティサイトから情報を収集するだけでなく、分析できる形にまで落とし込めることに価値があります。

例えば、SNSの新着情報だけを収集することで膨大なデータを蓄積するだけではなく、前回からの差分のみを収集するということも出来るので、最新の情報だけを抽出して商品説明に役立てたり、あるいはレポートなどの資料作成にも役立てることができます。

お問い合わせフォーム

Copyright © Keywalker, Inc. All Rights Reserved.

送信中…
しばらくお待ち下さい